経済

ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オランダのミンク農場で、従業員がミンクから新型コロナウイルスに感染したとみられる事例が、5月に2件確認された。

これを受けて、オランダ政府はミンクの殺処分を開始した。

動物愛護団体が殺処分の中止を求めたが、裁判所が動物愛護団体の訴えを退けたため、当初の予定より遅れたものの、殺処分が行われることになった。

まずは感染被害のあった農場で1500匹のミンクが殺処分されることになるが、オランダ全土にある他の9箇所の農場でも殺処分が行われる予定で、10000匹を超えるミンクが殺処分されることになる。

時には動物の殺処分はやむをえないとは思っているが、これは本当に必要なのか。

ミンクを殺処分したところで、人から人への感染が減るわけではあるまい。

ペストを媒介したネズミのような役割をミンクが担うわけではない。

新型コロナウイルスへの恐怖心が過剰になって、本来必要な警戒レベルをはるかに超えた過剰対応を行っているように思う。

余計なお世話かもしれないが、ミンク10000匹の殺処分の経済損失はいかほどになるのか。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3287024?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 道理

    「人種差別で黒人の命が軽視されている」は本当か? 統計を見よ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  2. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

  4. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  5. 道理

    新型ウイルスで、文在寅政権は失策の連続! 4月の選挙大敗は確実か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  6. 人権・民主主義

    民主党の組織的な不法行為を曝露! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)
  3. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝…
  4. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)
PAGE TOP