経済

ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オランダのミンク農場で、従業員がミンクから新型コロナウイルスに感染したとみられる事例が、5月に2件確認された。

これを受けて、オランダ政府はミンクの殺処分を開始した。

動物愛護団体が殺処分の中止を求めたが、裁判所が動物愛護団体の訴えを退けたため、当初の予定より遅れたものの、殺処分が行われることになった。

まずは感染被害のあった農場で1500匹のミンクが殺処分されることになるが、オランダ全土にある他の9箇所の農場でも殺処分が行われる予定で、10000匹を超えるミンクが殺処分されることになる。

時には動物の殺処分はやむをえないとは思っているが、これは本当に必要なのか。

ミンクを殺処分したところで、人から人への感染が減るわけではあるまい。

ペストを媒介したネズミのような役割をミンクが担うわけではない。

新型コロナウイルスへの恐怖心が過剰になって、本来必要な警戒レベルをはるかに超えた過剰対応を行っているように思う。

余計なお世話かもしれないが、ミンク10000匹の殺処分の経済損失はいかほどになるのか。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3287024?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    【予言】イランの体制は崩壊へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!クウ…

  2. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    歪んだ「GoToイート」キャンペーン! 飲食店に負担!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「G…

  4. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  5. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)

    ポーランドのHortex社は、韓国人から旭日旗の使用に関する集…

  6. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝…
  2. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
  4. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP