安全保障

中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府は新型コロナウイルスの感染者数と死者数について過少報告し、感染の広がりの実態を隠蔽していたと米情報当局が断定した。

詳細は機密ゆえに公表されていないが、中国が公表してきた感染者数と死者数が意図的に不正確なものだったことを問題視したようだ。

以前のブログでも書いたことだが、武漢の葬儀場に用意された骨壷の数などから推計すると、武漢での新型コロナウイルスでの死者数は5.9万人ではないかとされている。(「財経冷眼」氏の推計)

そしてこれをもとに中国全土の感染者数と死者数を推計すると、感染者数は121万人で死者数は9.7万人ではないかとの数値が出ている。(これも「財経冷眼」氏の推計)

中国の公式数字では、感染者数は8万人程度、死者は3000人程度となっているので、この「財経冷眼」氏の推計とは、感染者数で見て15倍、死者数でみて30倍ほどの違いが出ていることになる。

米情報当局の報告は、「財経冷眼」氏の推計のような大雑把なものではなく、共産党内部に隠されている情報をヒューミントなどを使って把握しているものだろうと考えられる。

アメリカは今、着実に中国の外堀を埋めつつあると言えそうだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-01/Q848I0DWRGG401

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  3. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    武漢の新型肺炎は報道より遥かに深刻か! 現地の声!(朝香 豊)
  2. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
  3. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
PAGE TOP