中国

新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型肺炎治療に、抗HIV薬が有効ではないかという話が出てきたので、紹介する。

武漢発の新型コロナウイルスは少なくとも70%は2003年に流行したSARSウイルスとゲノム配列が同じである。

だから、SARSウイルスに効果のあった薬剤であれば、今回の新型コロナウイルスも効果がある可能性は高いといえる。

そして、SARS流行の2年後に、プロテアーゼ阻害剤がSARS治療に使えるのではないかとの大規模な研究結果が発表されていた。

その研究では、「ネルフィナビル」(nelfinavir)という薬剤が強力な効果を示し、すでに感染した細胞内部の毒素の量を減少させることにつながった。

「ネルフィナビル」などのプロテアーゼ阻害剤がウイルスの増殖を抑えているのではないかというわけだ。

これを受けて2006年に他の3つのプロテアーゼ阻害剤がSARSに罹った41人の患者に使用された。

この中では「ロピナビル」(lopinavir)と「リトナビル」(ritonavir)の効果が高いことが判明した。

であるなら、これらのSARSに対して有効だと判明したプロテアーゼ阻害剤が、今回の新型コロナウイルスに有効となる可能性はかなり期待できるのではないかということになる。

実際今回中国では、「ロピナビル」と「リトナビル」を合わせた抗HIV薬の「カレトラ」(Kaletra)を使い始めたようだ。

推論通りに治療効果が上がることを期待したい。

また、Global Times(環球時報 中国共産党機関紙)は、中国がワクチンの開発を始めたことを報じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる Express の記事
https://www.express.co.uk/news/world/1232923/coronavirus-cure-china-virus-sars-nhs-hiv-protease-inhibitor-nelfinavir-spt
これの元ネタとなる Bloomberg の記事
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-01-26/china-names-abbvie-s-hiv-drugs-in-treatment-plan-for-new-virus

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全米…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フェ…

  5. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか…
  4. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
PAGE TOP