道理

トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エマーソン・カレッジの世論調査によると、次期アメリカ大統領選挙において、民主党のバイデン氏の支持率は49%、トランプ大統領の支持率は47%と、その差はわずか2ポイントとなった。

しかも、トランプ氏の大統領としての仕事に対する評価は49%となり、これは就任以来過去最高だそうだ。

さて、クラウドリサーチ社の調査によると、電話による世論調査の場合、共和党支持者の11.7%と無党派層の10.5%が、自分が支持する大統領候補について本当の考えを話さないと答えた。

民主党支持者の場合は5.4%で、共和党支持者や無党派層の方が圧倒的に高い。

このことから、本当のことを話さないのは圧倒的にトランプ支持者の方が多いことがわかる。

これは、アメリカの歪んだ言論空間の中で、トランプ支持を公言することが難しくなっていることを反映していると考えられる。

こうした隠れトランプ派の支持を考慮すれば、すでにトランプ大統領に対する支持のほうがバイデン氏よりも上回っていると考えるのが自然であろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のテレビ朝日の記事
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000192021.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/61640.html
画像はCNNから(Trump vs Biden)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F200807151226-trump-biden-split.jpg
画像はflickrから(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  2. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

  3. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝香 豊)

    東京五輪組織委員会と小池都知事に対して、日本共産党は旭日旗の東…

  5. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)
  3. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
PAGE TOP