道理

トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エマーソン・カレッジの世論調査によると、次期アメリカ大統領選挙において、民主党のバイデン氏の支持率は49%、トランプ大統領の支持率は47%と、その差はわずか2ポイントとなった。

しかも、トランプ氏の大統領としての仕事に対する評価は49%となり、これは就任以来過去最高だそうだ。

さて、クラウドリサーチ社の調査によると、電話による世論調査の場合、共和党支持者の11.7%と無党派層の10.5%が、自分が支持する大統領候補について本当の考えを話さないと答えた。

民主党支持者の場合は5.4%で、共和党支持者や無党派層の方が圧倒的に高い。

このことから、本当のことを話さないのは圧倒的にトランプ支持者の方が多いことがわかる。

これは、アメリカの歪んだ言論空間の中で、トランプ支持を公言することが難しくなっていることを反映していると考えられる。

こうした隠れトランプ派の支持を考慮すれば、すでにトランプ大統領に対する支持のほうがバイデン氏よりも上回っていると考えるのが自然であろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のテレビ朝日の記事
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000192021.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/61640.html
画像はCNNから(Trump vs Biden)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F200807151226-trump-biden-split.jpg
画像はflickrから(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 道理

    ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)

    ウィーワークの件から、ソフトバンクの投資企業の企業評価に厳しい…

  3. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)

    チェコ共和国首都のプラハ市は、中国の北京市との「姉妹都市」関係…

  4. 人権・民主主義

    4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  5. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  6. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 …
  3. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
PAGE TOP