経済

日本経済はマイナス成長の予想! 早急に予算を組み直せ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本経済は2019年10月〜12月期において、マイナス成長に陥ったのはほぼ確実だろう。

経済産業省が31日に発表した鉱工業生産指数は98.4で、前期比4.0%低下となった。

4.0%の低下は、現行基準で統計を取るようになった2013年以降で最大の落ち込みだ。

12月の在庫水準は前月比1.6%上昇し105.0となり、やはり現行基準で統計を取るようになってからの最高値となった。

生産は低迷しているが、在庫は積み上がっているということになり、それだけ現実の需要が弱っていることを示している。

実際小売売上高は、前年同期比で3.8%減少した。

消費税増税の結果ではあるが、前回増税時の1.8%減と比べてダメージはさらに大きいところに注目すべきだ。

今回は増税ショックを和らげるために、キャッシュレス決済のポイント還元を実施した分、落ち込みが限定的になるとの事前の政府予測があったが、これを完全に裏切る結果となった。

2020年の1〜3月期には、増税直後の落ち込みから回復してくるとのシナリオを政府は描いていたが、新型肺炎の流行によって、訪日中国人客の大幅な減少に加え、中国の生産そのものの落ち込みが大きくなることが予想され、中国に部品を供給する日本の輸出にも大きな影響があることが予想される。

こうした諸点を踏まえると、政府は新年度予算を大幅に増額して、弱っている需要を支えるべきである。

本予算はなかなか動かせないというのであれば、早急に大型補正予算をまとめることを考えたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55074980R30C20A1MM0000/?n_cid=DSREA001
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55074570R30C20A1EAF000/?n_cid=DSREA001
画像も同記事から
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5507390031012020I00002-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=a89e09716259f60a490ac18667e28a5a

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  2. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  3. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)

    韓国経済にデフレの浪が襲っている。国民の貧困化→販売不…

  4. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)

    中国企業のハイテク分野の研究開発費が、過去5年で70%以上も増…

  5. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)
PAGE TOP