人権・民主主義

機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2016年の大統領選挙で、共和党の候補であるトランプを潰すために、民主党は元MI6のクリストファー・スティールにトランプを貶める文書(スティール文書)を作成させ、これを使ってトランプ陣営のスタッフ( カーター・ペイジ氏)の盗聴をFBIにやらせていたことがわかっている。民主党とFBIがグルになっていたという意味では、かつて問題になったウォーターゲート事件以上にやばい事件である。

クリストファー・スティール

トランプがモスクワに滞在した際にホテルの部屋に売春婦を呼び込んで乱痴気騒ぎを行い、この証拠をロシア政府が掴んでトランプを脅迫し、トランプはロシアに逆らうことができなくなっている疑いが濃厚なので、捜査が必要だというストーリーが組み立てられた。

民主党と通じたFBIが、外国諜報活動偵察法(FISA)に基づいて米政府内に設置されているFISA裁判所に捜査令状の取得を申請する際に、このでっち上げ文書であるスティール文書を証拠として利用したという、とんでもない事件である。

クリストファー・スティールは求められた文書を作成して、FBIがFISA裁判所から捜査令状を取得する工作に関わっただけでなく、その文書を「マザー・ジョーンズ」というメディアにリークして世間の注目を集める工作も行ったが、これがヒラリー・クリントンの指示に基づいて行われたものだったということが、今回の機密公開で明らかになった。

ヒラリーは法律に違反して自宅にメールサーバを設置し、このサーバを利用して政府の業務を進めていた。政府の記録に残るような形でのメール使用を嫌ったのは明らかで、クリントン財団の集金に売国的な政治運営が関わっていたことが強く疑われている。この違反行為はウィキリークスによって明らかにされた。

当然この違法行為は問題視され、FBIの捜査対象にもなったのだが、当時のジェームズ・コミーFBI長官は結果的にこのヒラリーの行為を不問に付した。

ただ、一旦終結したはずの捜査をFBIが再開することを決めた際に、ヒラリー・クリントンは自分へのダメージを和らげるために、クリストファー・スティールに働きかけてトランプに関するニセ情報をマスコミに流布するようにも動いていたことがわかったのだ。

クリストファー・スティールは自分が掴んだ情報を自らマスコミにリークすることはしないという約束をFBIとの間で交わしていて、それによりFBIの情報源としての地位を獲得していた。

FBIとの約束を破ってヒラリーの指示に従ったことについて、スティールは「(経営する)会社としては2頭の馬(ヒラリー陣営とFBI)に乗っていたが、(ヒラリーのプッシュによって)1頭を選ぶ必要が生じてしまった」との言い訳を行っていた。

また公開された機密によって、トランプ大統領に対する弾劾の公聴会が議会で行われた時に、トランプ大統領にとって不利になる発言を行った元国務省職員のフィオナ・フィルが、スティールのニセ文書作成に関わっていたことも明らかになった。

ヒラリーなど民主党陣営の犯罪の解明がさらに進むことが望まれる。

なお、ウィキリークスの中心的人物であるジュリアン・アサンジについて、トランプ大統領が特赦を考えているという話が出たが、これに対して共和党のミッチ・マコーネル院内総務が激怒してトランプ大統領を脅したという報道も出ている。

ディープ・ステートの闇は大きい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/steele-leaked-to-media-because-fbi-reopened-clinton-email-case-new-documents-show_3663662.html
ヒラリー・クリントンの画像
https://i.guim.co.uk/img/media/774bfa06c9cc7f52410bfb6898973d8520dc8812/0_66_3500_2100/master/3500.jpg?width=1200&height=1200&quality=85&auto=format&fit=crop&s=e3e4644115f34b38f9641102115cd2e4
クリストファー・スティールの画像
https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2017_40/2179731/171005-christopher-steele-ac-814p_5d7c759b77ccc91f4805530948d07e27.nbcnews-fp-1200-630.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

  2. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  3. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  4. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  6. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
  4. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
PAGE TOP