人権・民主主義

ラムザイヤー論文のシンポジウムに参加! 問われているのは幼稚園で学んだような人としての原点!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦問題を扱うシンポジウム「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」を聞きに行ってきた。内容のあるシンポジウムで、かっちりとした資料もいただけて、行ってきてよかったと思っている。

このシンポジウムには、ラムザイヤー教授がビデオメッセージを送ってくれていたのだが、教授の流暢な日本語には舌を巻いた。

このビデオメッセージの中でラムザイヤー教授は、この問題は自分に対する個人攻撃のレベルで捉えるべきものではなく、過去の出来事を誠実に伝えることと学問の自由を徹底的に守ることが問われていることだと話した。

反対派の若い学者たちが教授を学問的に抹殺するような動きに出ていて、しかもそのことを誇りに思っているようであることに、教授はショックを覚えた。違った見解の論文を相互に批判し合うことによって学問が前進するという原理がアメリカで無視されるとは、教授は考えなかったのだ。アメリカでこんなスターリニストのようなことに出くわすことになるとは思わなかったという。そして反対派の狙いは、性奴隷説とか強制連行説が英語の論文に現れることを阻止することのようだと述べた。

そのうえで、ややユーモアを交えて「人生に本当に必要なことはすべて幼稚園で学んだ」という話をした。正直にありのままに話すこと、聞きたいことでなくても人の話すことに誠実に耳を傾けるといったことが、今回の議論でも問われているというわけだ。全くそのとおりである。

幸い、今回のシンポジウムに参加した識者を含めて、ラムザイヤー教授を支えてくれる友達は数多くいるようである。教授はその点での感謝をしみじみと述べていた。

自分は教授と接点のある「友達」ではないが、気持ちの上で教授を支える側に回りたいと思った。この記事は、そんな自分の気持ちの表明だ。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラムザイヤーシンポジウムの画像
hhttps://i.ytimg.com/vi/wTyuoTACHIw/maxresdefault.jpg
ラムザイヤー教授の画像
https://www.news24.jp/images/photo/2021/03/02/20210302_191644348u_l.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!森元…

  2. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アラ…

  3. Featured Video Play Icon
  4. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!清華…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  2. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  5. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)
PAGE TOP