人権・民主主義

ラムザイヤー論文のシンポジウムに参加! 問われているのは幼稚園で学んだような人としての原点!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦問題を扱うシンポジウム「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」を聞きに行ってきた。内容のあるシンポジウムで、かっちりとした資料もいただけて、行ってきてよかったと思っている。

このシンポジウムには、ラムザイヤー教授がビデオメッセージを送ってくれていたのだが、教授の流暢な日本語には舌を巻いた。

このビデオメッセージの中でラムザイヤー教授は、この問題は自分に対する個人攻撃のレベルで捉えるべきものではなく、過去の出来事を誠実に伝えることと学問の自由を徹底的に守ることが問われていることだと話した。

反対派の若い学者たちが教授を学問的に抹殺するような動きに出ていて、しかもそのことを誇りに思っているようであることに、教授はショックを覚えた。違った見解の論文を相互に批判し合うことによって学問が前進するという原理がアメリカで無視されるとは、教授は考えなかったのだ。アメリカでこんなスターリニストのようなことに出くわすことになるとは思わなかったという。そして反対派の狙いは、性奴隷説とか強制連行説が英語の論文に現れることを阻止することのようだと述べた。

そのうえで、ややユーモアを交えて「人生に本当に必要なことはすべて幼稚園で学んだ」という話をした。正直にありのままに話すこと、聞きたいことでなくても人の話すことに誠実に耳を傾けるといったことが、今回の議論でも問われているというわけだ。全くそのとおりである。

幸い、今回のシンポジウムに参加した識者を含めて、ラムザイヤー教授を支えてくれる友達は数多くいるようである。教授はその点での感謝をしみじみと述べていた。

自分は教授と接点のある「友達」ではないが、気持ちの上で教授を支える側に回りたいと思った。この記事は、そんな自分の気持ちの表明だ。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラムザイヤーシンポジウムの画像
hhttps://i.ytimg.com/vi/wTyuoTACHIw/maxresdefault.jpg
ラムザイヤー教授の画像
https://www.news24.jp/images/photo/2021/03/02/20210302_191644348u_l.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  3. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    “Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  6. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    太陽光・風力導入により懸念される製造業の空洞化 ! 小型原子炉の事業所設置により…
  2. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    姓から考える選挙不正! 数学者が発見!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
PAGE TOP