経済

アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「独占禁止法違反」を理由とした中国政府のアリババいじめはさらに強化されている。

ウォール・ストリート・ジャーナルが3月15日に報じたところによると、中国政府はアリババにメディア関連の資産を処分するように要求した。

アリババは香港の有名英字紙のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)を保有しているが、SCMPを中国の国有企業に売却するとすれば、SCMPの報道がさらに統制されたものになるのは確実だろう。

中国の動画配信サービス大手の「優酷土豆」も売却しなければならないことになる。映画製作大手の「華誼兄弟」、動画配信大手「ビリビリ」、中国版ツイッターの「新浪微博(ウェイボ)」への出資からも手を引かねばならないようだ。

国有メディア大手の「第一財経」のグループ企業や、有力テレビ局として知られる湖南電視台のグループ会社への出資からも手を引かなけれならないと見られている。

習近平はメディアを「党の喉と舌」と位置づけて統制を強めているが、その流れの一貫という意味合いもあるのだろう。

アリババの胡暁明・最高経営責任者(CEO)が辞任を表明したことも13日に報じられたが、これにも中国政府の圧力が絡んでいるのは当然である。

また、中国政府が科すこれまでの最高額となる制裁金がアリババに科されることになるとの報道も流れている。これまでの最高額は米半導体大手クアルコムに科された9億7500万ドル相当であり、10億ドルを大きく超えることになるのは確実視されている。

なおアリババのみならず、テンセントやバイドゥなどにも独占禁止法違反が適応され、罰金が課されている。アリババ以外のネット系企業にも強い圧力が今後加わっていくことは、間違いないだろう。

このような民有企業への圧迫が習近平政権によってどんどんと進められているのだが、こうして中国経済の活力はどんどんと奪われているのである。

習近平路線が中国経済をどんどん壊していることについては、拙著の「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」をぜひご覧頂きたい。

「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」のアマゾンへの注文をお願いします。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM15BES0V10C21A3000000/
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1278N0S1A310C2000000/
アリババの画像
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/8/810wm/img_78153ac53a30d7652568dac495aa4c22107969.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!池上…

  2. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  4. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!(朝香 豊)

    経済同友会は、経済・財政・社会保障の中長期予測や財政に与える影…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    悪性コロナウイルスで6500万人死亡との机上実験! ジョーンズ・ホプキンス大学!…
  3. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(…
  4. 人権・民主主義

    オリンピック組織委員会参与の夏野剛氏の「アホな国民感情」発言が問題視される! 真…
  5. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)
PAGE TOP