経済

アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「独占禁止法違反」を理由とした中国政府のアリババいじめはさらに強化されている。

ウォール・ストリート・ジャーナルが3月15日に報じたところによると、中国政府はアリババにメディア関連の資産を処分するように要求した。

アリババは香港の有名英字紙のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)を保有しているが、SCMPを中国の国有企業に売却するとすれば、SCMPの報道がさらに統制されたものになるのは確実だろう。

中国の動画配信サービス大手の「優酷土豆」も売却しなければならないことになる。映画製作大手の「華誼兄弟」、動画配信大手「ビリビリ」、中国版ツイッターの「新浪微博(ウェイボ)」への出資からも手を引かねばならないようだ。

国有メディア大手の「第一財経」のグループ企業や、有力テレビ局として知られる湖南電視台のグループ会社への出資からも手を引かなけれならないと見られている。

習近平はメディアを「党の喉と舌」と位置づけて統制を強めているが、その流れの一貫という意味合いもあるのだろう。

アリババの胡暁明・最高経営責任者(CEO)が辞任を表明したことも13日に報じられたが、これにも中国政府の圧力が絡んでいるのは当然である。

また、中国政府が科すこれまでの最高額となる制裁金がアリババに科されることになるとの報道も流れている。これまでの最高額は米半導体大手クアルコムに科された9億7500万ドル相当であり、10億ドルを大きく超えることになるのは確実視されている。

なおアリババのみならず、テンセントやバイドゥなどにも独占禁止法違反が適応され、罰金が課されている。アリババ以外のネット系企業にも強い圧力が今後加わっていくことは、間違いないだろう。

このような民有企業への圧迫が習近平政権によってどんどんと進められているのだが、こうして中国経済の活力はどんどんと奪われているのである。

習近平路線が中国経済をどんどん壊していることについては、拙著の「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」をぜひご覧頂きたい。

「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」のアマゾンへの注文をお願いします。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM15BES0V10C21A3000000/
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1278N0S1A310C2000000/
アリババの画像
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/8/810wm/img_78153ac53a30d7652568dac495aa4c22107969.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  6. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    太陽光・風力導入により懸念される製造業の空洞化 ! 小型原子炉の事業所設置により…
  5. Featured Video Play Icon

    道理

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
PAGE TOP