人権・民主主義

香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)

米上院は、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決した。

同法案は10月15日に米下院でも全会一致で可決している。

ただ、上下両院で可決されたものは完全に同一ではなく、両院の代表者で調整を図る必要があり、調整が完了した後にトランプ大統領の署名が必要になる。

トランプ大統領がどういう動きに出るかは、まだ不明だ。

対中貿易交渉を何とかまとめて、中国向けの農産物の輸出を大幅に拡大させたい思惑を持っているトランプ大統領は、ここで一気に動くべきかどうかには、迷いがあるようだ。

ただ、トランプ大統領は、中国と通商問題で合意できなければ、対中関税を一段と引き上げるだけだとする脅しを、中国に対して述べている。

24日に予定されている香港の区議選挙の実施と絡めて、どんな動きを見せるのか、注目される。

これの元ネタとなるロイターの記事https://jp.reuters.com/article/hongkong-us-senate-idJPKBN1XU018

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  2. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  3. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)

    「現代言語学の父」 として広く知られるノーム・チョムスキー教授…

  4. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  5. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  6. 安全保障

    香港のデモの中止決定! 問われる西側の敗北! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 …
  5. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝…
PAGE TOP