安全保障

ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ギリシャのヒオス島にある、同国最大規模の難民キャンプで、発熱を訴え病院に搬送された47歳の女性が死亡した。

女性は新型コロナウイルスの検査では陰性だったとされているが、この女性の死亡が確認された後に暴動が起こり、さらに火災が発生して、管理施設のかなりの部分が破壊された。

新型コロナウイルスに対する潜在的な恐れが引き金になっているわけだ。

この火災で、数百人分の居住場所が失われ、彼らが住めるテントが急遽追加供給された。

さて、この難民キャンプは定員が1000人だが、現在5000人が詰め込まれている。

今までのところは、この難民キャンプでは新型コロナウイルスの感染者は見つかっていないが、一旦感染者が見つかれば、燎原の火のごとくに感染が広がるのは避けられない。

難民たちはその不安を抱えながら生きている。

そのため、その不安が何らかのきっかけでもっと大きく爆発する可能性は当然高い。

そんな事態が発生した場合には、欧州の移民・難民政策は根底から見直しを迫られることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のガーディアンの記事
https://www.theguardian.com/world/2020/apr/19/fire-wrecks-greek-migrant-camp-after-iraqi-death-sparks-unrest
画像も同記事から借用
https://i.guim.co.uk/img/media/62255e5ade53d22cc43b51f7d5485b0211dbd23f/0_331_5568_3341/master/5568.jpg?width=620&quality=85&auto=format&fit=max&s=af11183516a137a169e0156ddd39535b

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  2. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)

    最近、中国の人権問題に厳しい報道を続けるBBCが、国際調査報道…

  3. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

    中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」と…

  4. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)

    ソウル中央地検は、横領や証拠隠滅教唆などの疑いで、チョ・グク氏…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)
  2. 経済

    痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!
  3. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香…
  4. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
PAGE TOP