安全保障

北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

外部の監視網を避けるために、北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場の地下に鉄道を建設していたことがわかった。

組み立てが完了したミサイルは、地下鉄道を通じて発射場に送られる。

ミサイルの保管庫も地下洞内に設置すれば、外部からの攻撃に対して非常に強くなるのは確実だ。

地下鉄道を延伸させれば、従来はミサイル発射場ではなかったところからミサイルを撃つことも可能になる。

なお、この地下鉄道は平壌につながる鉄道ともすでに連結されている模様だ。

ICBMの場合には、3段ロケットを1段ずつ組み上げていくことになり、組み立てに時間がかかる。

したがって、これを地上で行う場合には発見後の速やかな対処はまだ可能だ。

だが、3段ロケットの組み上げを地下で隠れた状態で行い、これを発射台に載せるだけとした場合には、対処するのが極めて難しくなる。

そもそも発射台を地下に設置できるところまで進めば、外部からの監視は事実上不可能だ。

注入に時間がかかるとされる液体燃料の場合でも、地下で注入を行うとすれば、その弱点を大きくカバーすることができる。

北朝鮮の脅威は新たな次元に突入した。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/260449?servcode=500&sectcode=500
画像はCSISの記事から
https://beyondparallel.csis.org/sohae-engine-test-part-of-coercive-diplomacy-tactic-as-end-of-year-deadline-approaches/
https://i1.wp.com/beyondparallel.csis.org/wp-content/uploads/2019/12/Sohae-Update-2019-12-10-02.jpg?resize=640%2C360&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    韓国は世界最高の核技術国、6カ月あれば核兵器を作れる? まじか?(朝香 豊)

    『北の核の前に立つわれわれの選択』という本が韓国で出版された。…

  4. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  5. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香…
  2. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)
  3. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
PAGE TOP