安全保障

北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

外部の監視網を避けるために、北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場の地下に鉄道を建設していたことがわかった。

組み立てが完了したミサイルは、地下鉄道を通じて発射場に送られる。

ミサイルの保管庫も地下洞内に設置すれば、外部からの攻撃に対して非常に強くなるのは確実だ。

地下鉄道を延伸させれば、従来はミサイル発射場ではなかったところからミサイルを撃つことも可能になる。

なお、この地下鉄道は平壌につながる鉄道ともすでに連結されている模様だ。

ICBMの場合には、3段ロケットを1段ずつ組み上げていくことになり、組み立てに時間がかかる。

したがって、これを地上で行う場合には発見後の速やかな対処はまだ可能だ。

だが、3段ロケットの組み上げを地下で隠れた状態で行い、これを発射台に載せるだけとした場合には、対処するのが極めて難しくなる。

そもそも発射台を地下に設置できるところまで進めば、外部からの監視は事実上不可能だ。

注入に時間がかかるとされる液体燃料の場合でも、地下で注入を行うとすれば、その弱点を大きくカバーすることができる。

北朝鮮の脅威は新たな次元に突入した。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/260449?servcode=500&sectcode=500
画像はCSISの記事から
https://beyondparallel.csis.org/sohae-engine-test-part-of-coercive-diplomacy-tactic-as-end-of-year-deadline-approaches/
https://i1.wp.com/beyondparallel.csis.org/wp-content/uploads/2019/12/Sohae-Update-2019-12-10-02.jpg?resize=640%2C360&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全国…

  2. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  3. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  4. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

  5. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  6. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝…
  4. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国への技術流出を防げ! あまりに甘い日本の大学!(朝香 豊)
PAGE TOP