道理

発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙において、様々な不正が行われた形跡が様々に報告されている。

ミシガン州では開票の終盤に近づいた段階で、バイデンが一気に138,339票獲得し、その間トランプが獲得したのがゼロ票だということが起こった。このことに気がついたフェデラリストの記者であるシーン・デイビス氏がこの件をツイートすると、たちまちこのツイートは検閲されて見えなくさせられた。

ミシガン州アントリム郡でも不可思議なことが起こっている。アントリム郡は親共和党の地域で、前回の2016年の大統領選挙の時には、トランプがヒラリーを30ポイント上回っていた。だが、今回はバイデンがトランプを29ポイント上回っている。このような劇的な変化は通常起こりえない。

ウィスコンシン州でも全てがバイデン票でトランプ票がゼロという集計結果が計上され、選挙結果に付け加えらえている。これにより4.1ポイントトランプがリードしていたところで、一瞬にしてバイデンが一気に並んだ。

ペンシルバニア州では、トランプが70万票リードしている段階で未集計の郵便投票は100万票だとされていた。だが、その後開票が進んでトランプのリードが60万票となったときには、未集計の郵便投票は140万票に膨れ上がった。開票がどんどん進んでいるはずなのに、未集計の郵便投票が逆に急増するという不思議な現象が起きている。ペンシルバニア州は郵便局の消印のない郵便投票も認めるとしており、どこから持ち込まれたのかわからない「投票」が今後さらに加わってくる可能性もある。

死んでいるはずの人の投票が「有効」とされていたことも明らかになっている。中には1823年生まれの197歳の人の投票が有効だと判断されている例も見つかっている。

デトロイトでは二重登録が4788人、有資格者よりも多い選挙資格登録者が32519人、死者の登録が2503人が見つかり、提訴されたとも伝えられている。

デトロイトではさらに、開票所の様子を外から監視するのを防ぐためと思われるが、突然窓を板で覆って封鎖することまで行われ、また午前4時に開票所に大量の「票」だと思われるものがどこから来たかもわからないワゴン車から運び込まれる映像も撮影されている。(ブログ記事の一番下に動画あり)

ウィスコンシン州のミルウォーキーの7つの地区では、有権者登録数よりも多い投票がなされている。有権者登録数が640人しかいかいところでバイデンが688票獲得している例もある。

“ballot harvesting”と呼ばれる、郵便投票を使った不正手段が今回広がった懸念も持たれている。”ballot harvesting”というのは、ちょっとした集まりを開いたり個別に家を回ったりしながら、郵便投票用紙に記入させてかき集める手法だ。投票意思のない人に投票を要求することになり、さらには特定の候補者への投票を誘導できる手段でもあるために、不正の温床になりやすい点が指摘されている。

郵便投票全体の7%近くに相当する票が選挙委員会に届かなかったとも報じられている。

こうした選挙結果を受け入れろというのがそもそも無理だろう。

不正手口があまりにも多く、カウントされなかった票がどれだけあって、カウントされた不正票がどれだけあるかもわからない。

郵便投票なしでもう一回選挙するのが、結局はもっとも望ましいのかもしれないが、そんな選択肢も選べないのであろう。

アメリカは大統領選挙を通じて泥沼に陥り、次期大統領が決まらない中で政治空白が生じる恐れも出てきた。

そしてこの不正の嵐の中で、ジョー・バイデンはオバマ旋風時の6950万票をはるかに凌駕する7140万票を獲得し、さらに増える見込みである。

バイデンと中国共産党が笑っている。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

The Federalistの記事
https://thefederalist.com/2020/11/04/yes-democrats-are-trying-to-steal-the-election-in-michigan-wisconsin-and-pennsylvania/
mkecitywireの記事
https://mkecitywire.com/stories/564495243-analysis-seven-milwaukee-wards-report-more-2020-presidential-votes-than-registered-voters-biden-nets-146k-votes-in-city
thegatewaypunditの記事(「票」だとも思われるものを投票所に午前4時に運び込む動画あり)
https://www.thegatewaypundit.com/2020/11/watch-suitcases-coolers-rolled-detroit-voting-center-4-brought-secure-counting-area/
AP通信からの引用画像(大統領選挙途中経過)
https://www.ap.org/media-center/understanding-the-election
twitterからの引用画像(デトロイトの不正を伝えるFoxの画像)
https://pbs.twimg.com/media/EmA3UsBVkAI98g_.jpg
walesonlineからの引用画像(バイデンとトランプ)
https://cf-images.eu-west-1.prod.boltdns.net/v1/static/4221396001/1ee77b3d-ba26-403a-bdd4-bc23591be05c/363fd2d8-71ef-4afa-a874-8c50f660d5f5/1280×720/match/image.jpg

午前4時に「票」らしきものが開票所に密かに運び込まれるところを撮影した映像

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

  2. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  4. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)
PAGE TOP