人権・民主主義

香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香港警察が少なくとも2356発の催涙弾を学生に向けて打ち込んだ。

現地報道では、100人以上が負傷している。

香港中文大学が香港警察の攻撃を受けているのは、同大学には香港のインターネット情報の99%を処理している香港国際ネットワーク交換センター(HKIX)が存在するからだと見られている。

HKIXを抑えることで、香港のインターネット空間を自由に利用できないようにし、抗議行動に打撃を与えることを狙っているのだろう。

これに対して、学生だけでなく多くの市民も強く抵抗している。

校内に侵入しようとする警察を阻止するため、学生たちは運動用具などでバリケードを設置し、火炎瓶やブロック片で抵抗している。

学生たちに加勢するため、大勢の市民がキャンパスへ水や物資を運び入れた。

また市民は自家用車をキャンパスを囲むように駐車し、警察車両のキャンパス内への進入を阻止している。

中国共産党の第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)が終わって、香港政府は抗議者に対する鎮圧レベルを引き上げた。

裁判所の令状なしに逮捕が行われるようになり、丸腰の青年に対して近距離で発砲して重傷を負わせる事態も発生した。

香港ではこの民主化要求の抗議活動で、約3000人の市民が逮捕されるに至っている。

香港での戦いは、さらに厳しいものになっているが、この実情を日本のマスコミはどこまで報道しているのだろうか。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48996.html
トップ画像も同記事からhttps://img.epochtimes.jp/i/2019/11/13/t_e0ho4kh7atmxs5wyfzkl.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選挙不正を訴えた動画を即刻削除! YouTubeとVimeo!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マイ…

  2. 安全保障

    アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アト…

  3. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  4. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  5. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  6. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理…
  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
  3. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  4. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない!…
  5. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)
PAGE TOP