経済

トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影響が増大し続けている。

トランプ大統領にとっては対中国戦略が再選の大きなリスクとなってきたが、トランプ潰しに動きたい民主党陣営も実は有効打が打てないでいる。米国民で中国に負の感情を持っている人の割合は、昨年の47%から60%へと急上昇しているためだ。トランプ氏の中国叩きには実際に効果が出ていることもわかっている。

したがって、トランプ政権の政策には問題があると批判しなければならないが、それでいて中国に対して対決姿勢を取らなければならない。これはかなりの難題だ。

それでも貿易戦争での中国の報復措置による痛手は、トランプ再選を現実に難しくしている。与野党の支持が伯仲しているウィスコンシンやペンシルベニア、ミシガンなどでは、農家や製造業が大きな痛手を受けており、再選を目指すトランプ大統領にとっては無視できない事態になってきた。

選挙を念頭に置いた場合に、トランプ大統領は中国に対して融和的な姿勢に転換する可能性は高く、それが今回のボルトン大統領補佐官の解任につながっているのではないだろうか。

これに関連するロイターの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!

    ブレグジットを巡って、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が当…

  2. 経済

    新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  3. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  5. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

  6. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)

    ”China 2049"の著者としても知られる、ハドソン研究所…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ
  2. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮のミサイル精度の向上の影に韓国! 軍事技術ダダ漏れ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    上海で「打倒腐敗!」を叫ぶデモ発生! 香港の影響大! 動画あり!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
PAGE TOP