道理

北朝鮮に風船ビラを飛ばした団体の法人許可取り消し! 文在寅政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国には、「自由北韓運動連合」と「クンセム」という脱北者団体がある。

この2団体は北朝鮮の抑圧体制を激しく非難し、金正恩体制を批判するビラを風船に乗せて北朝鮮に飛ばす運動もずっと行ってきた。

これに対して北朝鮮は大いに反発し、南北間の全ての通信連絡線を遮断する処置に出た。

金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長は、韓国政府にビラ散布に対する法規制などの措置を迫った。

従北的な韓国の文在寅政権は、この2団体を南北交流協力法違反などで告発するだけでなく、非営利法人の許可の取り消しまで行った。

韓国政府によれば、このビラを飛ばす事業は南北境界地域の住民の生命・安全を脅かし、朝鮮半島に緊張状態をもたらすなど公益を害するものだということになるらしい。

韓国政府の統一政策や統一推進への努力を甚だしく阻害したとも説明している。

韓国の現政権のこうした動きには驚かないが、韓国政権のこうしたおかしな動きが日本で報道されないのはどういうことだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily NKの記事
https://dailynk.jp/archives/132924
アジアプレス・インターナショナルからの引用画像(金与正)
https://www.asiapress.org/apn/wp-content/uploads/2020/06/20200525-00180271-roupeiro-000-7-view.jpg
サンケイビズからの引用画像(風船ビラ)
https://www.sankeibiz.jp/images/news/150409/exd1504090000001-p1.jpg
Flickrからの引用画像(文在寅)
https://live.staticflickr.com/958/42064997381_c283993e3e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 道理

    トランプ米大統領は弾劾を求めた米民主党にtwitterで続々反論! (朝香 豊)

    トランプ米大統領はウクライナにごく当たり前の要求を行ったにすぎ…

  2. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)

    韓国での次期韓国大統領候補選好度の調査では、チョ・グク氏は1ヶ…

  4. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  5. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

  6. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)
  5. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP