道理

北朝鮮に風船ビラを飛ばした団体の法人許可取り消し! 文在寅政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国には、「自由北韓運動連合」と「クンセム」という脱北者団体がある。

この2団体は北朝鮮の抑圧体制を激しく非難し、金正恩体制を批判するビラを風船に乗せて北朝鮮に飛ばす運動もずっと行ってきた。

これに対して北朝鮮は大いに反発し、南北間の全ての通信連絡線を遮断する処置に出た。

金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長は、韓国政府にビラ散布に対する法規制などの措置を迫った。

従北的な韓国の文在寅政権は、この2団体を南北交流協力法違反などで告発するだけでなく、非営利法人の許可の取り消しまで行った。

韓国政府によれば、このビラを飛ばす事業は南北境界地域の住民の生命・安全を脅かし、朝鮮半島に緊張状態をもたらすなど公益を害するものだということになるらしい。

韓国政府の統一政策や統一推進への努力を甚だしく阻害したとも説明している。

韓国の現政権のこうした動きには驚かないが、韓国政権のこうしたおかしな動きが日本で報道されないのはどういうことだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily NKの記事
https://dailynk.jp/archives/132924
アジアプレス・インターナショナルからの引用画像(金与正)
https://www.asiapress.org/apn/wp-content/uploads/2020/06/20200525-00180271-roupeiro-000-7-view.jpg
サンケイビズからの引用画像(風船ビラ)
https://www.sankeibiz.jp/images/news/150409/exd1504090000001-p1.jpg
Flickrからの引用画像(文在寅)
https://live.staticflickr.com/958/42064997381_c283993e3e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

  2. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  3. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  4. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも

    これで文政権は終わったね。チョ・グク前大統領府民情…

  5. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  6. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「無…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    情報公開のあり方を見直せ! コロナで失墜した日本の情報公開!(朝香 豊)
  2. 道理

    故中村哲氏に旭日小綬章と感謝状授与! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!
  5. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!
PAGE TOP