道理

バイデン疑惑の決定的なメール発覚! バイデンの主張が崩れる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ジョー・バイデンが副大統領だった時に、息子のハンター・バイデンが、汚職疑惑が掛けられていたウクライナのガス会社「ブリスマ」のNo.3の役員を、父のジョー・バイデンに紹介していたことがわかった。

この役員はジョー・バイデンと面会した後に、ハンターに感謝のメールを送っている。

メールには、「親愛なるハンター、私をワシントンに招いてお父様とお会いする機会を用意して一緒に過ごせるようにしてくれてありがとう。本当に光栄で楽しい時間だった。」と書かれている。

このメールはハンターがブリスマの役員として月額5万ドル(500万円)を受け取って1年ほど経った2015年4月17日に送られたものだ。

そしてメールに書かれた面会の後に、ジョー・バイデンはアメリカ政府の副大統領としてウクライナ政府に圧力をかけ、「ブリスマ」の調査をしていたウクライナの検事総長を解任させた。

なお、このメールのさらに1年ほど前にこのNo.3の役員がハンターに送ったメールでは、「どうすれば君の影響力を使えるかのアドバイス」をハンターに求めていたこともわかった。

ジョー・バイデンは「息子とは彼のやっている海外でのビジネスのことについて話したことは一度もない」と話していたが、これが真っ赤なウソであることがはっきりしたと言えるだろう。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNew York Postの記事
https://nypost.com/2020/10/14/email-reveals-how-hunter-biden-introduced-ukrainian-biz-man-to-dad/
New York Postの記事からの引用画像(ハンター・バイデンの秘密のメール)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Hunter-BIden-Emails-Feature-Main.jpg?quality=80&strip=all
Daily Telegraphの記事からの引用画像(バイデン親子)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/27798e47d74112dcfb3cf455045776b3?width=1024
New York Postの記事からの引用画像(No.3がハンターに送ったメール)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Biden-Pozharskyi-email.jpg?quality=90&strip=all&w=662

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自動…

  2. 道理

    横田滋さんの死去の報に触れて(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  3. 人権・民主主義

    パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクをブロック! ツイッター!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米大…

  4. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)
  2. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  4. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!
  5. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)
PAGE TOP