道理

バイデン疑惑の決定的なメール発覚! バイデンの主張が崩れる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ジョー・バイデンが副大統領だった時に、息子のハンター・バイデンが、汚職疑惑が掛けられていたウクライナのガス会社「ブリスマ」のNo.3の役員を、父のジョー・バイデンに紹介していたことがわかった。

この役員はジョー・バイデンと面会した後に、ハンターに感謝のメールを送っている。

メールには、「親愛なるハンター、私をワシントンに招いてお父様とお会いする機会を用意して一緒に過ごせるようにしてくれてありがとう。本当に光栄で楽しい時間だった。」と書かれている。

このメールはハンターがブリスマの役員として月額5万ドル(500万円)を受け取って1年ほど経った2015年4月17日に送られたものだ。

そしてメールに書かれた面会の後に、ジョー・バイデンはアメリカ政府の副大統領としてウクライナ政府に圧力をかけ、「ブリスマ」の調査をしていたウクライナの検事総長を解任させた。

なお、このメールのさらに1年ほど前にこのNo.3の役員がハンターに送ったメールでは、「どうすれば君の影響力を使えるかのアドバイス」をハンターに求めていたこともわかった。

ジョー・バイデンは「息子とは彼のやっている海外でのビジネスのことについて話したことは一度もない」と話していたが、これが真っ赤なウソであることがはっきりしたと言えるだろう。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNew York Postの記事
https://nypost.com/2020/10/14/email-reveals-how-hunter-biden-introduced-ukrainian-biz-man-to-dad/
New York Postの記事からの引用画像(ハンター・バイデンの秘密のメール)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Hunter-BIden-Emails-Feature-Main.jpg?quality=80&strip=all
Daily Telegraphの記事からの引用画像(バイデン親子)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/27798e47d74112dcfb3cf455045776b3?width=1024
New York Postの記事からの引用画像(No.3がハンターに送ったメール)
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2020/10/Biden-Pozharskyi-email.jpg?quality=90&strip=all&w=662

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  3. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ト…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 道理

    ジャパンライフから朝日新聞元幹部が多額の顧問料を受領していた!(朝香 豊)
  4. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)
PAGE TOP