安全保障

郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの大統領選挙で、郵便投票の問題点が改めて明らかになった。

ニュージャージー州の郵便配達員のニコラス・ボチェニは、郵便投票用紙が含まれた大量の郵便物を捨てたことがバレて逮捕された。

ボチェニは郵便投票用紙99通とその他の郵便物633通を街中のゴミ箱に捨てた。

この他に500通以上の別の郵便物を別のゴミ箱に捨てたことも確認されている。

カルフォルニア州でも、大量に捨てられた投票用紙の郵便物が見つかっている。

この他にも発覚していないだけの同様の事件が数多くあるかもしれない。

また、アメリカの税関では今年の前半にニセの運転免許証が約20000件押収されているが、これらの大半は中国から送られたものだ。

これまた発覚した分だけであり、発覚していないものも数多くある可能性は当然高い。

郵便投票の場合には、本人確認が運転免許証のコピーでも認められることになっているが、免許証の写真の人物と投票者本人とが同一人物かどうかの照合すらできず、不正投票の温床になりかねないことが指摘されてきた。

なお、アメリカには住民票制度がなく、国民がどこに住んでいるのかについて、政府はしっかりと把握できているわけではない。

その点もまた、不正行為を誘発しやすいと言えるだろう。

この郵便投票をめぐる混乱から、次期大統領が確定しない事態に陥りかねず、こうした場合に民主党下院の院内総務(民主党のトップ)のナンシー・ペロシ氏が当面の大統領職に就く結果も生まれかねない。

郵便投票を認めたことが大統領選挙を大混乱を引き起こすきっかけとなり、この混乱に乗じて中国が台湾侵攻に動くことも考えられる。

中国はすでにその事態の到来を待っているのかもしれない。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Mailの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8815847/New-Jersey-mailman-26-dumped-ballots-trash-meant-voters-heavily-Democratic-suburbs.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/60664.html
Los Angels Timesからの引用画像(ゴミ箱)
https://ca-times.brightspotcdn.com/dims4/default/df9b209/2147483647/strip/true/crop/2834×1771+83+0/resize/2000×1250!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fcalifornia-times-brightspot.s3.amazonaws.com%2F30%2Fb0%2Fcc82b55e4d7abd5e5e993ff41a2e%2Fla-photos-1staff-465455-la-hm-dumpster-diving-001.JPG
Daily Voiceからの引用画像(ニコラス・ボチェニ)
https://daily-voice-res.cloudinary.com/image/upload/c_limit,e_sharpen,f_auto,q_auto:eco,w_640/120710675_645906346364257_9000837584819147256_n_szexp9.jpg
New Territory Mediaからの引用画像(ニセの運転免許証)
https://www.newterritorymedia.com/wp-content/uploads/2020/08/Screenshot-92.png
AP Newsからの引用画像(ナンシー・ペロシ)
https://storage.googleapis.com/afs-prod/media/3c423decc844449ba37d1ff59e9bc9e8/800.jpeg
The Sunからの引用画像(中国の台湾侵攻計画)
https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2020/07/DD-COMPOSITE-CHINA-TAIWAN-map.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  2. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実は…

  5. 安全保障

    ASEANでの日本への期待は圧倒的! シンガポールのシンクタンクが発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香…
  3. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
  4. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)
PAGE TOP