経済

新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ブラジルのボルソナロ大統領が、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために取られている封じ込め措置について、激しく非難している。

ブラジルではサンパウロ州やリオデジャネイロ州が企業などの閉鎖処置をすでに取っているが、これが経済に壊滅的な打撃を与えることを問題視しているのだ。

ボルソナロ大統領は、「企業は何も生産していない。従業員に賃金を支払うこともできない。そして経済が破綻すれば、公務員に給与を支払うこともできなくなる。われわれは無秩序に直面する」と述べた。

これに対してブラジル国内のリベラル派からは非難が殺到しているが、ボルソナロ大統領の問題提起は至極もっともだ。

企業に営業休止を求めて、その代償として政府が休業補償を行うような真似は、自国通貨が世界的に通用するハードカレンシーであるか、外貨準備に余裕がないと難しい。

ブラジルの通貨レアルは、この新型コロナウイルスショックで急激に弱くなっている。

ブラジルに投下されてきた資本が一気に回収されているからだ。

経常収支の赤字と莫大な対外債務に苦しんでいるブラジルには、経済を休ませている余裕はない。

政府が休業補償を行うようなぜいたくは許されないのだ。

営業停止だけ命じて、給料は支払われないということになれば、どうなるか。

「スーパーマーケットの略奪といった事態に陥る恐れがある」「ウイルスに加えて無秩序にも直面することになる」とボルソナロ大統領は言うが、まさにそうなるだろう。

「人々を職場に戻し、高齢者や健康上の問題がある人々を守る。それだけだ」とも述べているが、これしか現実的な対応策はないのだ。

感染対策としてそんなやり方で十分なのかといえば、当然そんな訳はない。

若年層でも重体化することは当然あるし、高齢者などへの感染が十分に防げるとは到底考えられない。

それでもその道を選ぶしかないというのが、ブラジルの現実だろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3275363?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

    ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を…

  2. 経済

    トランプ政権の新型コロナウイルス対策は2兆ドルへ! 日本は??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  5. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)

    格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、韓国企業…

  6. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランスジェンダーの出場は不公平! 女子高生選手が提訴!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  3. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  4. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)
  5. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)
PAGE TOP