道理

疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)

韓国での次期韓国大統領候補選好度の調査では、チョ・グク氏は1ヶ月前の6位(4.4%)から今回は3位(7.0%)に浮上した。1ヶ月前にはチョ・グク氏の疑惑は何も表面化していない時期であるので、今回の一連の疑惑が噴出してから、チョ・グク氏の人気が伸びているということになる。

イケメンであるチョ・グク氏の露出が増えて、却って人気が高まったということなのだろうか。それとも世論調査自体がかなり操作されているものなのだろうか。

チョ・グク氏の法相の任命についての世論調査では、賛成が46.6%、反対が49.6%と、ほぼ拮抗していることもわかった。

チョ・グク氏の反日姿勢は突出していることでも知られるので、そうした姿勢が韓国民に好感されているのかもしれない。

いずれにせよ、我々の感覚とはかなりかけ離れたことが韓国では動いているのは確かなようだ。

これに関連した韓国の中央日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  2. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. Featured Video Play Icon
  6. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝…
  2. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  4. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)
PAGE TOP