李文亮

  1. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WHOは「国際保健規則」に基づき、国際的な公衆衛生上の脅威となりうる全ての事象について、検知し…

  2. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカにある中国大使館の前の通りを、「李文亮プラザ」(Li Wenliang Plaza)と…

  3. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!方方(ファンファン)氏は、2010年に中国で最も権威ある文学賞を受賞した著名な作家である。…

  4. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は以前のブログで武漢市中心医院の救急救命科主任の艾芬(アイ・フェン)女医のことを取り上げたこ…

  5. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベラル系のメディアは、なぜか中国批判を避ける傾向にあるが、これは日本だけに限った話ではない。…

  6. 人権・民主主義

    中国政府が李文亮医師への処分を撤回! 家族に謝罪! 中共が弱っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国国家監察委員会は、新型コロナウイルスへの警鐘を早期に鳴らした李文亮医師を地元の公安当局が拘…

  7. 人権・民主主義

    言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年末に、武漢市中心医院の救急救命科主任の艾芬氏は、原因不明の肺炎を発症した患者のウイルス検査…

  8. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナダのトロント大学にあるネット検閲の監視機関「シチズン・ラボ」は、すでに昨年12月31日の段…

  9. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国メディア「財新網」は、新型コロナウイルスの遺伝子解析が、すでに昨年12月段階で様々に進んで…

  10. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回の新型コロナウイルスの騒動を通じて、素人考えと実際との間には大きな落差があるんだなというこ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝…
  3. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. 人権・民主主義

    ジョシュ・ホーリー議員への献金急増! アメリカの民主主義の底力!(朝香 豊)
PAGE TOP