中国

  1. 中国共産党がさらに強力なウイルスを放出する可能性! アメリカ亡命の大富豪の郭文貴氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカに亡命した中国の大富豪の郭文貴氏が、とてつもない発言を行っている。以下はその発言内容で…

  2. 蘋果日報に対する締め付けに香港市民が意地の抵抗! 英米は非難! だが日本は沈黙…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6月17日に、香港警察は「国家安全維持法」に違反したとして、中国当局に批判的な新聞である蘋果日…

  3. バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカのバイデン政権が対中投資の禁止企業を59社に拡大したことが6月3日に報じられた。トラン…

  4. 健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オーストラリアでは国民の多くが経済的に中国に依存しすぎていると考えており、モリソン政権の対中強…

  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!少し意外な情報に接すると、そこに真実性を感じやすいという性質が人間にはあるのではないかと、私は…

  6. 米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中国相手の商売はもう認…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウイグル人の監視・統制を強化するため中国が遺伝子情報を収集していることは人権団体などがこれまで…

  7. モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!旧ユーゴスラビアに位置する、バルカン半島の小国モンテネグロのGDP(国内総生産)はわずかに49…

  8. 遺伝子レベルで見ると、人為ウイルスの疑い濃厚! 新型コロナはいくつかのウイルスの特徴を組み合わせた人…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2015年のNature Medicineにとんでもない論文が掲載されていることがわかった。こ…

  9. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得た過程!(朝香 豊)…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「バニティ・フェア」という雑誌に掲載されたコロナウイルスに関する長文の記事が注目されている。こ…

  10. 過去の「ウイルス研究所流出説」否定でのファウチ所長らの動きに注目 集まる! メディアも結託!(朝香 …

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカの主流メディアが新型コロナの「武漢ウイルス研究所流出説」を否定し続けていたのは、トラン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)
  2. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  4. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  5. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)
PAGE TOP