人権・民主主義

4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

安倍総理は、日本共産党が破壊活動防止法の調査対象団体となっている理由について、「昭和26年から28年ごろにかけて、党組織や党員が殺人などの暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、現在も暴力革命の方針に変更はないと認識している」と答弁した。

これに対して、共産党や立憲民主党など野党4党は、安倍総理大臣の答弁は事実と異なり、公党に対する侮辱にあたるとして、謝罪と撤回を要求した。

だが、資本主義社会の中で議会制民主主義を前提として、徐々に社会改良を行うことで社会主義に到達していくという社会民主主義の考え方を、日本共産党は強く批判してきたことを忘れるべきではない。

ブルジョワジー(資本家)の権力を否定するには、プロレタリア独裁と呼ばれる労働者階級の権力が必要になり、これによってブルジョワジーの権力を制限することが、社会主義建設のためには必要になるという立場に立ってきた。

この「プロレタリア独裁」とか「労働者階級の権力」という言葉は、現在では「社会主義を目指す権力」という言葉に置き換えられているが、日本共産党が社会民主主義を否定する立場を改めたという歴史はないはずだ。

今なお、マルクス・レーニン主義の政党であり、この立場を堅持していることを誇りにし、社会民主主義を否定する立場を誤りだったと自己批判していない以上、安倍総理の指摘は間違っているとは言えない。

マルクスの唱えたプロレタリア独裁の理論に対して、日本共産党が徹底的な批判をしているという話は聞いたことがない。

謀略的な革命論を展開して政権を奪取したレーニンに対して、日本共産党が徹底的な批判をしているという話も聞いたことがない。

イタリア共産党は社会民主主義政党に脱皮する際に、党名変更を行って「共産党」の看板をおろした。

もし日本共産党が社会民主主義政党に脱皮したのであれば、過去の社会民主主義政党に対する批判をきちんと自己批判し、マルクス・レーニン主義の旗を降ろし、「共産党」という党名を変更しなければならない。

謝罪と撤回を求める前に、こうした手続きはきちんと取るべきではないのか。

これを行わない間は、暴力革命を捨ててはいないと判断されても、仕方ないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012285391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

  2. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  3. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  5. 人権・民主主義

    トランプ弾劾で民主党から造反! 共和党に移籍へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが香港警察の暴力を非難! 拷問といえ…
  2. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
  4. 経済

    れいわの山本太郎代表、積極財政と消費税減税で野党共闘を目指す! これは侮れない!…
  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
PAGE TOP