安全保障

北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染拡大で、中国の首都・北京では、帰省先などから戻ってきたすべての人を対象に14日間、自宅や特定の施設で経過観察する措置を義務付けた。

つまり、14日間は外出禁止となり、世間から隔離される。

措置に従わなければ罰則が科される。

ここで私たちが見落としてはならないのは、中国国内の移動に関して、中国政府はここまで厳しい対応を取っているのに、中国から日本への入国は今だにゆるゆるの運用になっている、という点だ。

この逆説に、日本政府や厚労省は気付いていないのだろうか。

中国政府は自分たちが公式発表しているレベルとは明らかに違う対応をしている。

だが、WHOは中国政府の公式発表に基づいて、感染率や死亡率などを計算し、その対策を打ち出している。

それで中国との間での人の移動や物流の制限は必要ないとの結論を下している。

そうしたWHOの「権威」ある発表をまともに信じて、日本では、季節性インフルと危険度は変わらないとか、季節性インフルの方が危ないとかという情報が流れている。

そしてWHOの防御基準に従った検疫官が、日本で感染している。

笑えない現実だ。

さて、中国は今なお、外国の専門家チームの入国と調査に後ろ向きだ。

アメリカのCDCとかが現地調査を行えば、今までの公式発表がどういうものだったかが、全部明らかになってしまうだろう。

それを恐れているから後ろ向きなのではないだろうか。

こうした全体の構図を、まだ日本政府が理解していないのが、信じられない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286791000.html?utm_int=word_contents_list-items_002&word_result=新型肺炎
これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51775.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

    香港のキャリー・ラム行政長官が意味深な発言。発表し…

  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  3. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  4. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  5. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)
  3. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)
PAGE TOP